MENU
ハチワレ
節約研究家。頑張りすぎない節約とポイ活術を駆使して、穏やかな毎日を送ることが目標。

30代男性、一人暮らし。本職はフリーのウェブ制作者。FP3級・簿記3級の資格もあり。
今だけ無料のオンライン投資講座! レビューを見る

始める前に!配達に必要なモノと便利グッズ9選【Uber Eats / 出前館】

当ページのリンクには広告が含まれています。
【Uber Eats/出前館】配達おすすめグッズ9選

こんにちは、デリバリー歴3年のハチワレです。

今回はこんな質問にお答えします。

デリバリー始めたばかりの人

初めての配達に出かけようと思います。最初に揃えておくものはありますか?

フードデリバリーには、始める前にいくつか準備しておいたほうがいいものがあります。

さらに言えることは、装備を整えることで効率が上がり、稼ぎがアップするということ。

ハチワレ

フードデリバリーは課金ゲーです。

そこでこの記事では、始める前に揃えておくべきモノと、あると便利なグッズを紹介します。

ぜひこの記事を参考にして、配達を始めてみてください。

目次

配達に必要なモノ

フードデリバリーで働く人

配達に必要なものは次の5点です。

これらは配達前に揃えておくのをおすすめします。

  • 配達バッグ
  • 自転車
  • スマートフォン
  • スマホホルダー
  • 緩衝材

必要① 配達バッグ

始める前にバッグ代をケチる人も多いですが、必要経費なので、ぜひ用意してください。

Uber Eats 公式バッグ

公式バッグは、Uber Eatsの販売サイトで購入できます。

公式のバッグ以外でも稼働しても構いませんが、Uber Eats を始めるならば、公式バッグを購入しておけば間違いなし。

ハチワレ

4,000円で購入できます。

大きさに2パターンありますが、コンパクトタイプより通常サイズのものをおすすめします。

最近は、複数の商品を同時に預かるケースが多く、バッグのサイズが大きいほうが有利だからです。

小型バッグ

こちらは小型バッグです。

小型バッグで配達する方も多いですが、ピザなど大型商品には対応できません。

また、複数ピックアップにも不利といえます。

無地のバッグ

出前館を始める場合、他社のバッグはロゴを隠して使うよう指示があります。

その際、Uber Eats のバッグならば、ロゴを隠して使用します。

こちらは無地のバッグです。

こちらを利用すればロゴを隠す必要はありませんが、少々値が張る場合があります。

ハチワレ

迷ったらとりあえずUber Eats の公式バッグがおすすめです。

必要② 自転車

今使っている自転車があれば問題ありません。ママチャリでもOKです。

まずは配達をやってみてください。

配達をしてみて続けるつもりになれたら、性能のいい自転車を検討するのがおすすめです。

おすすめ自転車を詳しく

あわせて読みたい
配達に使うならクロスバイク? 電動自転車? 【Uber Eats / 出前館】 こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 配達用の自転車を買おうとしています。おすすめはありますか? 結論から言うと...

電動自転車がいいのか、クロスバイクがいいのか、おすすめの自転車はこちらの記事で紹介しています。

また、バイクでの稼働を考えるのもアリです。

ハチワレ

とりあえず自転車でやってみるのが吉です。

必要③ スマートフォン

こちらも今使っているスマホで問題ありません。

配達アプリを稼働させていると、充電がすぐなくなります。

バッテリーの持ちがよく、操作性がいいスマホがおすすめです。とりあえず今使っているもので稼働して、感覚を掴んでみてください。

必要④ スマホホルダー

自転車にスマホを固定するホルダー。

配達ではスマホの地図を見ながら自転車を運転します。

ハチワレ

安全を考えて、配達前に準備しておきましょう!

必要⑤ 緩衝材

バッグの中に入れる緩衝材としてこのサバイバルシートがおすすめです。

商品との隙間にこれを詰めて、揺れないように固定します。
安全に商品を運ぶために、ぜひ準備しましょう。

ハチワレ

ハチワレはこれを3枚、バッグの中にいれています。

自宅にあるタオルも緩衝材として使用できます。

バスタオルやスポーツタオルなど、大きくて分厚いものがおすすめです。

あると便利なグッズ9選

紹介する男性

続いて、あると便利なグッズです。

実際にハチワレが揃えた順番で9点を紹介していきます。

すべてネットで購入できるものです。好みに合わせて検討してみてください。

ハチワレ

購入費は経費になるので、配達が楽になるグッズは積極的に揃えるのがおすすめ。

① モバイルバッテリー

長時間アプリを稼働していると充電がなくなります。

配達途中で充電がなくなったら怖いので、ぜひ持っておきたいです。

普段使いできるので、性能いいヤツを購入しましょう。

ハチワレ

容量が大きく、小型のものがおすすめ。差し込み口が2つあるとなおいいですね。

② 充電ケーブル

モバイルバッテリーだけでは充電できないので、ケーブルも携帯してください。

こちらはハチワレが愛用しているowltechの頑丈なケーブルです。

ハチワレ

配達中は、ひっかけたりして断線させやすいです。ハチワレは何本か断線させてから、このケーブルに落ち着きました。

Androidを使用している方でしたら、Type-Cのケーブルを購入してください。

③ ウエストポーチ&ショルダーバッグ

財布や家の鍵などの貴重品入れ。モバイルバッテリーも入れたりします。

邪魔にならず、容量も大きめなので気に入ってます。

ハチワレ

肩かけorウエストポーチにできます。

④ 自転車につけるバッグ

収納場所があるとなにかと便利です。消毒用のアルコールシートを入れたり、予備のマスクを入れたり。

つける位置が異なる物もあるので、お好みのものを選んでください。

⑤ ヘルメット

安全を考えてヘルメットをかぶるのがおすすめです。

ハチワレ

自転車死亡事故の8割は頭部損傷によるものだそうです。

通気性が良くて軽い、こういうタイプもおすすめです。

⑥ テールライト

夜間の安全を考えてテールライトを購入しました。

自転車の後ろにつけるタイプのライトで、夜間に車道を走る時に後ろから車にぶつかられるのを防ぎます。

ハチワレ

防水、USB充電式が便利です。

⑦ サイドミラー

車の交通量の多い大通り脇を走る時に、後方の車を確認できるようになります。

車道を走るのが恐怖だったので購入しました。

ハチワレ

ハンドル右側にひとつ取り付けてます。

⑧ 小銭ケース

現金対応する場合、小銭の準備が必要です。その際にはこちらが便利でした。

ただし、最初のうちはデフォルトで「現金対応なし」になってます。
つまり、始めたばかりの頃はお客様と現金のやり取りはしません。小銭の準備も不要です。

最初の数十回を過ぎて、現金対応するかどうかの選択ができるようになります。

⑨ 衝撃軽減サドル

ずっと自転車に乗っていると慢性的な痔になってしまいました。

悩んでいましたが、このサドルに交換して解決しました。

ハチワレ

同じ悩みを持ったときに、この記事を思い出してください。

まとめ

以上、必要なモノ5選/あると便利なグッズ9選でした。

まずは必要なもの5つを揃えて初配達に挑んでください。その後に徐々に、便利グッズを買い揃えていってください。

さらに季節や雨の日用の装備を揃えると働きやすくなります。

夏の装備を詳しく

あわせて読みたい
夏のデリバリーを乗り切る装備とコツを紹介!【Uber Eats / 出前館】 こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 夏は稼げると聞きました。アドバイスをお願いします。 外が過酷な環境になれば...

冬の装備を詳しく

あわせて読みたい
冬のデリバリーが楽になる防寒グッズ9選【Uber Eats / 出前館】 こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 冬は配達が増えると聞いたのですが、寒くて辛いです。なにかいい対策はあります...

上の記事では、それぞれのおすすめグッズを紹介しているので参考にしてください。

雨の日の装備を詳しく

あわせて読みたい
稼ぎ時!雨の日のデリバリーを攻略するグッズ10選【Uber Eats / 出前館】 こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 雨の日はもらえる金額が上がりますが、ずぶ濡れになってとても辛いです。どうし...

雨の日の装備はこちらの記事です。

雨の日はオファーが殺到して、稼ぐチャンスとなります。

Uber Eats の教科書

あわせて読みたい
Uber Eats配達員の教科書【始め方から稼ぐコツまで】 フードデリバリー歴3年のハチワレです。 よろしくお願いします。 Uber Eatsの配達員は、オンラインで簡単に登録できます。 また、稼働時間を自分で決められ、人付き合い...

こちらの記事では、Uber Eats で配達するコツをまとめています。

実際に配達するうえで得たノウハウを体系的にまとめたので、あわせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次