MENU
ハチワレ
節約研究家。頑張りすぎない節約とポイ活術を駆使して、穏やかな毎日を送ることが目標。

30代男性、一人暮らし。本職はフリーのウェブ制作者。FP3級・簿記3級の資格もあり。
今だけ無料のオンライン投資講座! レビューを見る

夏のデリバリーを乗り切る装備とコツを紹介!【Uber Eats / 出前館】

当ページのリンクには広告が含まれています。
【Uber Eats/出前館】夏の配達 攻略法!

こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。

今回はこんな質問にお答えします。

デリバリー始めたばかりの人

夏は稼げると聞きました。アドバイスをお願いします。

外が過酷な環境になればなるほど稼げるのがフードデリバリー。

特に最近の猛暑は厳しいため、夏はかなりの稼ぎ時です。

しかし熱中症警戒アラートが連日出るような真夏には、万全な準備をして挑まなくてはなりません。

この記事では、夏の配達のためのおすすめグッズとコツを紹介します。

ハチワレ

装備を整えるだけで夏の配達がかなり楽になります!

目次

夏の必需品

水のペットボトル

まずは夏の必需品です。

必ず持っていきたい装備を紹介します。

油断すると大変なことになる可能性もあるので、必ず携帯してください。

① 水

まずは水分。必ず所持していてください。

配達中はこまめな補給をおすすめします。

ハチワレ

油断禁物です!

クロスバイクやロードバイクで稼働する場合は、ドリンクホルダーに固定すると便利です。

ドリンクホルダーを自転車に取り付けると、水のペットボトルを持っていても邪魔になりません。

② 塩タブレット

忘れてはいけないのが、塩分の補給です。

十分でないと、こちらも熱中症の危険があります。

ハチワレ

バッグの隅にいくつか入れておきましょう!

③ タオル

大量に汗をかくので、タオルも必須です。

ハチワレは邪魔にならない日本手ぬぐいを持っていくことが多いです。

ハチワレ

日本手ぬぐい愛用者です。

夏の服装

白いTシャツ

続いて夏の服装です。

汗をかいた状態でお店に入ったりお客様に対面するので、服装には気をつけなければいけません。

さらに、キャップをかぶって熱中症を防ぐ必要があります。

① 汗が目立たないTシャツ

様々なお店に入るので、夏は特に見た目に気を遣いたいところ。

汗染みの目立つグレーのTシャツは避けたいです。

こちらは自然な色合いで、清潔感もある厚手のTシャツ。

着心地もよくて気に入ってます。安いのでまとめて数枚買ってます。

ハチワレ

ハチワレは「オートミール」カラーをチョイスしました。

② タイツ

ハーフパンツの下にタイツを履きます。

紫外線対策です。

ハチワレ

連日の配達をつづけると紫外線はダメージとなって蓄積します。

③ キャップ/ヘルメット

熱中症を防ぐため、頭には必ず被りましょう。

ハチワレはヘルメットを被って稼働しています。

夏は通気性のいいタイプが良いですね。

汗をかくのでヘルメットの下にはインナーキャップを着用します。

ハチワレ

インナーキャップは4枚ほど用意して、ローテーションしています。

超おすすめグッズ2選

紫外線のなかでフードデリバリーをする人

それでは夏の超おすすめグッズを紹介します。

実際に使って、便利だった2アイテムです。

ハチワレ

夏の配達ではもう手放せなくなりました。

① アームカバー

日焼け対策にこちらを装備しています。

連日稼働すると、腕への日焼けは深刻なダメージになります

ハチワレ

自転車に乗るので、腕がいちばん日焼けしてしまいます。

こちらを数本持っておくことをおすすめします。

ハチワレ

これをつけてると虫除けにもなります。

アームカバーだけだと手の甲はカバーできないので、気になる方は手袋と合わせましょう。

② 首掛け扇風機

配達中はずっとオンにしています。

首にかけてるのは意外と邪魔にならないです。

つねに首筋を冷やし体温を下げてくれるので、熱中症予防になります。

ハチワレ

カラーは白がおすすめ。黒だと日光を吸収して熱くなります。

また、空調服を着ている人もいます。

ハチワレは準備に手間がかかるのと、動きにくくなるのを考えて、扇風機に落ち着きました。

ハチワレ

バイクで稼働している人はよく着ている印象があります。

夏のスマホ対策

日差しのなかでスマートフォンを操作する様子

照りつける強烈な日差しでスマホの画面が見づらくなります。

また、スマホが熱暴走して操作しづらくなることがあります。

このスマホ問題が意外とやっかいで、配達員特有の夏の悩みです。

そこでこんな商品を紹介します。

① スマホ用サンシェード

スマホ用のサンシェードです。

これを使うことで、日差しでの画面の見にくさをカバーすることができます。

また、サンバイザーを加工して、自作のサンシェードを作っている方も見かけます。

ハチワレ

サンバイザーは100円ショップで売っています。

③ 保冷剤

熱くなったスマホを冷やすための保冷剤。

これをいくつかカバンに入れておき、冷却に使います。

いちばん小さい20gのものが便利。

保冷剤を溶かさずに長時間保つために、大きな保冷剤を入れたバッグを携帯しています。

自転車の収納スペースに余裕がある方向け。

真夏の配達のコツ

瓦割りをする男性

ここまで、夏のグッズを紹介してきました。

あとは真夏の配達のコツを頭に入れておけば完璧です。

① スマホを充電しない

スマホを充電しながら配達をすると熱暴走の原因となり、最悪の場合、操作不能になることも。

気温が高い時間帯はスマホを充電しながらの配達は避けましょう。

また、スマホ内で複数のアプリを稼働させていると熱暴走の原因になるので、なるべく配達アプリだけ起動させた状態で配達するのがおすすめです。

② 雨対策をしっかり

夏は雨が多いです。

梅雨が終わっても、夕立による突然の大雨が多いです。

雨が降ると配達員が減り、注文が増えます。つまりオファーが殺到する稼ぎ時

雨をどう乗り切るかが夏の稼ぎに直結します。

雨対策グッズを詳しく

あわせて読みたい
稼ぎ時!雨の日のデリバリーを攻略するグッズ10選【Uber Eats / 出前館】 こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 雨の日はもらえる金額が上がりますが、ずぶ濡れになってとても辛いです。どうし...

雨は装備をしっかりすれば平気になります。

こちらの記事で紹介しているので合わせてお読みください。

② 配達バッグの固定を検討する

配達バッグを背負っていると背中に大量の汗をかきます。

バッグのショルダー紐にも汗が染み込み、衛生的にも気になります。

夏こそバッグの固定を検討するタイミングです。

配達バッグの固定を詳しく

あわせて読みたい
配達バッグを荷台に固定してデリバリーを快適に!【Uber Eats / 出前館】 こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 ほかの配達員みたいにバッグを荷台に固定したいです。やり方おしえてください。...

こちらの記事で、配達バッグの固定と振動対策をまとめています。

③ 電動自転車やバイクを検討する

夏の配達は、体力的につらいです

一番つらい季節といえます。

そこで電動自転車やバイクでの配達を検討するのもアリです。

ハチワレはこの電動自転車で稼働中です。

こちらの自転車、配達員のなかでも使用率がかなり高いTB1eという車種。

人気なのもうなずける性能です。

おすすめ自転車を詳しく

あわせて読みたい
配達に使うならクロスバイク? 電動自転車? 【Uber Eats / 出前館】 こんにちは、フードデリバリー歴3年のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 配達用の自転車を買おうとしています。おすすめはありますか? 結論から言うと...

Tb1eを安く購入できる方法を紹介した記事を紹介しています。

まとめ

フードデリバリーで働く人

以上、夏の配達の攻略法でした。

繰り返しますと、大切なのは水と塩分と雨対策です。

水と塩分を常に携帯して、こまめに補給。

そして稼ぎを大きく左右するのが雨対策です。

Uber Eats の教科書

あわせて読みたい
Uber Eats配達員の教科書【始め方から稼ぐコツまで】 フードデリバリー歴3年のハチワレです。 よろしくお願いします。 Uber Eatsの配達員は、オンラインで簡単に登録できます。 また、稼働時間を自分で決められ、人付き合い...

こちらの記事では、Uber Eats で配達するコツをまとめています。

実際に配達するうえで得たノウハウを体系的にまとめたので、あわせてご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次