MENU
ハチワレ
節約研究家。頑張りすぎない節約とポイ活術を駆使して、穏やかな毎日を送ることが目標。

30代男性、一人暮らし。本職はフリーのウェブ制作者。FP3級・簿記3級の資格もあり。
ネット代+スマホ代が合わせて3,000円台に! 詳しく見る

【ユーザーが語る】エポスカードのお得な使い方を紹介します!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【エポスカード】メリット&デメリットとお得な使い方!

こんにちは、節約研究家のハチワレです。

今回はこんな質問にお答えします。

節約を考え始めた人

エポスカードのメリットを教えてください!

エポスカードは年会費無料・還元率0.5%という、数字だけ見ると標準的なクレジットカードに思えます。

しかし、さまざまなお店で特典を受けられたり、利用状況に応じてランクアップのインビテーション(招待)があるのが大きなメリットです。

とくにゴールドカードであるエポスゴールドカードは、インビテーションによって年会費永年無料で発行できます。

ハチワレ

ハチワレもメインカードで使ってます。

この記事では、エポスカードのメリット・デメリット、どんな人におすすめか、また実際の利用者であるハチワレの使い方も紹介します。

\ 新規作成で2,000ポイント! /

目次

エポスカードとは?

疑問を持つ人

まずはエポスカードの基本情報について確認しましょう。

エポスカードとは、丸井グループの株式会社エポスカードが発行するクレジットカードです。

発行元が丸井グループであるため、マルイやモディといったショッピング施設でポイント2倍になります。

エポスカード
エポスカード。カード番号などの情報は裏面に記載されます

基本スペック

それでは、エポスカードの基本スペックを見ていきましょう。

  • 年会費無料
  • ポイント還元率0.5%
    • マルイ・モディで1.0%還元
  • 国際ブランド
    • Visa
  • タッチ決済
    • Visaタッチ決済
    • QUICPay
    • Apple Pay / Google Payに登録可能
  • ETCカードの年会費無料

まず、年会費無料・還元率0.5%、国際ブランドはVisaのみ選択できます。

ポイント付与率はランクによって変わるので、次にまとめて確認します。

また、ETCカードが無料で発行できるのが嬉しいポイントと言えます。

それではカードランクごとに、違いを確認していきましょう。

カードのランク

エポスカードにはランクが3種類あります。

  • エポスカード
  • エポスゴールドカード
  • エポスプラチナカード

エポスカード

  • 年会費:無料
  • ポイント
    • 還元率:0.5%
      • (マルイ・モディ:1.0%)
  • ポイント有効期限:2年
  • 家族カード:なし
  • 保険
    • 海外旅行傷害保険:最大3,000万円

エポスカードの利用で付与される、エポスポイントの有効期限は2年です。

ゴールド/プラチナにランクアップすると、付与されるポイントの有効期限は無制限となります。

エポスゴールドカード

  • 年会費:5,000円(税込)
    • 年間50万円以上の利用で翌年以降永年無料
    • インビテーションからの申し込みで永年無料
  • ポイント
    • 還元率:0.5%
      • (マルイ・モディ:2.0%)
    • 年間利用100万円で1万ポイント付与
      • (年間利用50万円でも2,500ポイント)
    • 選べるポイントアップ
      • 3店舗のポイント還元率を+1.0%
  • ポイント有効期限:無制限
  • 家族カード:あり
  • 保険
    • 海外旅行傷害保険:最大5,000万円
  • 特典
    • 国内空港ラウンジ無料
    • 海外空港ラウンジ無料(2か所)

エポスゴールドカードは年会費5,000円ですが、年間利用額50万円以上やインビテーションを受けることで永年無料にできます。

また、ポイント還元率は0.5%ですが、年間利用額に応じたポイント付与があるため、最大1.5%還元となります。

さらに、「選べるポイントアップ」で対象のうち3店舗の還元率を+1.0%上げることができます。

ハチワレ

年会費無料でこの還元率は強い!

エポスプラチナカード

  • 年会費:3万円(税込)
    • 年間100万円以上の利用で翌年以降2万円(税込)
    • インビテーションからの申し込みで2万円(税込)
  • ポイント
    • 還元率:0.5%
      • (マルイ・モディ:2.0%)
    • 年間利用額に応じて最大10万ポイント付与
    • 選べるポイントアップ
      • 3店舗のポイント還元率を+1.0%
  • ポイント有効期限:無制限
  • 家族カード:あり
  • 保険
    • 海外旅行傷害保険:最大1億円
      • (家族にも最大2,000万円)
    • 国内旅行傷害保険:最大1億円
      • (家族にも最大2,000万円)
  • 特典
    • 国内空港ラウンジ無料(同伴者1名まで)
    • 海外空港ラウンジ無料(1,000か所以上)
    • グルメクーポン
    • Visaプラチナコンシェルジュ
    • プラチナゴルフ

エポスプラチナカードは年会費3万円のプラチナカードですが、年間利用額100万円以上やインビテーションからの申し込みで、年会費を2万円にできます。

また、利用額に応じて付与されるポイントも多くなるため、カード利用額が多い人におすすめです。

また、旅行する時の保険やサービスがかなり充実するのがポイントと言えます。

ハチワレ

よく旅行する人にとってメリットが大きいですね。

エポスカードのメリット

顔を赤らめ喜ぶ女性

それではエポスカードのメリットを詳しく見ていきましょう。

特典が得られるお店が多い

エポスカードは、マルイやモディでポイント還元率が2倍になるほか、全国およそ10,000店舗の提携店舗・施設で特典を得ることができます。

  • 飲食店で割引や特典
  • 遊園地や水族館の入場料が特別価格に
  • 人気カラオケチェーンでルーム料金がお得に
  • スパ・温泉で入場料割引
  • 商業施設での買い物でボーナスポイント

など。

ハチワレ

さまざまなジャンルのお店・施設でお得です。

インビテーション(招待)を受けられる

エポスカードでは、利用状況に応じてカードのランクアップのインビテーション(招待)があります。

インビテーションが届く条件は非公開ですが、一般的には次のように言われています。

  • ゴールド
    • エポスカードを年間50万円以上利用
  • プラチナ
    • エポスゴールドカードを年間100万円以上利用
ハチワレ

ハチワレの場合だと、50万円利用した直後にゴールドのインビテーションが届きました。

インビテーションから申し込むことで、ゴールドの場合は永年無料、プラチナの場合は年会費2万円(1万円割引)で利用することができます。

エポスゴールドカードの使い勝手がばつぐん

インビテーションで年会費を永年無料にできるゴールドカードですが、使い勝手がかなり良いです。

エポスカード ゴールド
こちらがエポスゴールドカード

年間利用額に応じてポイント付与

エポスゴールドカードは、年間利用額に応じてポイントが付与されます。

  • 50万円利用:2,500ポイント付与
  • 100万円利用:10,000ポイント付与

エポスカードのポイント還元率は0.5%ですが、この年間利用額に対するポイント付与を合わせると、最大1.5%還元となります。

ハチワレ

1.5%還元のクレジットカードは強いですね。

「選べるポイントアップ」

さらにエポスゴールドカードでは「選べるポイントアップ」という制度があります。

対象ショップの中から3つを選んで、ポイント還元率を+1.0%上げることができます。

年間利用によるポイント付与と合わせると、最大2.5%還元となります。

ハチワレ

さらにポイント還元率が上がりましたね。

空港ラウンジを無料で利用できる

エポスゴールドカードを所持していると、国内外の対象の空港ラウンジを無料で利用できます。

さらに海外旅行傷害保険の保険金額もグレードアップするため、よく旅行する方におすすめです。

ハチワレ

ちなみにプラチナだと、さらに旅行関連のサービスが充実します。

エポスカードのデメリット

悩む男性

メリットを確認したので、エポスカードのデメリットも見ておきましょう。

ここでは次の3点を挙げます。

通常の還元率が低め

エポスカードは、通常のポイント還元率が0.5%です。

現在では年会費無料で1.0%還元以上のクレカも多いので、少し物足りなく感じるかもしれません。

しかしこの点は、エポスカードのランクを上げて、エポスゴールドカードにすることで解決できそうです。

ハチワレ

エポスカードを利用するなら、やはりゴールドがおすすめですね。

三井住友カード ゴールド(NL)と比較されがち

エポスカードはインビテーションによってゴールドカードの年会費を永年無料にできますが、他社のカードである、三井住友カード(NL)にも同様の制度があります。

三井住友カード ゴールド は初年度に年間100万円利用することで、年会費が永年無料となります。

三井住友カード(NL)は現在かなり勢いのあるクレジットカードなので、エポスカードは比較されがちです。

しかし、人によってはエポスカードのほうが合っている場合があるので、流行に流されず、自分にあったモノを選ぶのが大切です。

ハチワレ

三井住友カード(NL)も確かに優秀ですが、エポスカードと利点が異なります。

「選べるポイントアップ」でmixi M が対象外に

ゴールド以上で利用できるサービス「選べるポイントアップ」で、2023年8月からmixi M が対象外となりました。

mixi M はさまざまな電子マネーにチャージできたため、さまざまなキャッシュレス決済でポイント還元率を上乗せする方法として活用されていました。

しかし、mixi M が「選べるポイントアップ」対象外となったため、ポイ活民にとってはエポスカードの重要性がやや下がる結果となりました。

ハチワレ

残念ですが、こればかりは仕方ないですね。

エポスカードがおすすめな人

どちらかいいかを悩む女性

ここまでエポスカードのメリットとデメリットを見てきました。

これを踏まえて、エポスカードがおすすめなのはどんな人かを考えていきましょう。

国民年金を自分で支払っている人

第一におすすめしたいのが、自分で国民年金の保険料を支払っている人です。

ハチワレ

個人事業主の人などですね。

なぜなら「選べるポイントアップ」対象ショップとして、国民年金が選択できるからです。

国民年金の支払いはさまざまな方法が選べますが、エポスゴールドカードによる前納がもっともお得な支払い方法です。

ハチワレ

エポスカードは、国民年金の支払いにとってのベストチョイスです。

クレカ利用額が年間100万円程度の人

エポスカードは、クレジットカードの年間利用額が100万円程度の方にもおすすめです。

なぜなら、エポスゴールドカードでは、年間利用額に応じてポイント付与があるからです。

  • 年間100万円利用で10,000ポイント付与
  • 年間50万円利用の場合でも2,500ポイント付与

つまり、年間利用額が100万円の場合、通常のポイント還元率がもっとも高くなり、実質1.5%還元となるわけです。

さらに、万がいち100万円に達さなかった場合でも、50万円の利用で2,500ポイントがもらえる点も嬉しいです。

よく旅行する人

エポスカードは、旅行保険や旅行に関するサービスが充実しているクレジットカードです。

そのため、よく旅行をする人におすすめできます。

ランクをゴールドにすることで、空港ラウンジ無料サービスが付帯され、さらにプラチナまでアップさせれば、保険内容やさまざまなサービスが追加されます。

ハチワレ

カードの利用金額が多くてよく旅行する人には、プラチナがおすすめですね。

筆者のエポスカードの使い方

自分を指し示す男性

最後に、筆者であるハチワレのエポスカードの使い方を紹介します。

ハチワレは、エポスゴールドカードをメインカードとしていて、さまざまな支払いに利用しています。

ハチワレ

参考までにご覧ください。

① 国民年金の支払いに利用

まず、ハチワレがエポスゴールドカードを利用する最大の理由が、国民年金の保険料です。

ハチワレ

個人事業主なので国民年金を自分で払ってます。

「選べるポイントアップ」で国民年金が選択でき、最大2.5%還元で保険料を支払うことができます。

国民年金保険料は金額も大きいため、獲得できるポイントも大きいです。

② au PAYのチャージに利用

次に、au PAYのチャージにエポスゴールドカードを利用します。

エポスゴールドカードは、au PAYにチャージ可能ななかでも、還元率がもっとも高いクレカのひとつです。

ただし、au PAYのクレカからのチャージ上限は月額5万円なので、MAX5万円を毎月チャージしています。

ハチワレ

au PAYを経由して楽天ペイにチャージすれば、最大3.5%還元で支払いに使えます。

あわせて読みたい
【2023年10月最新】楽天キャッシュへお得にチャージする方法! こんにちは、節約研究家のハチワレです。 今回はこんな質問にお答えします。 楽天ペイをよりお得に使う方法を教えてください! 楽天ペイはもっともお得なスマホ決済です...

au PAYを利用して楽天ペイの還元率を上げる方法は、こちらの記事にて詳しく解説しています。

ハチワレ

こちらの方法にエポスゴールドカードを使います。

③ 固定費の支払いに利用

そして、毎月の固定費の支払いに利用します。

具体的には次の支払いです。

  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • ネット代
  • スマホ代

また、普段の支払いではスマホ決済をメインに使いますが、クレジットカードしか使えない場合にはエポスゴールドカードを提示します。

ハチワレ

つまりメインカードとして使ってるってことですね。

①〜③の支払いで、年間の利用額は十分100万円以上となります。

ハチワレ

年間100万円利用することで1万ポイントが付与されます。

「選べるポイントアップ」に何を選ぶ?

ハチワレは、「選べるポイントアップショップ」を次の3つに設定しています。

  • 国民年金
  • 東京ガス
  • 東京都水道料金
ハチワレ

ちなみにハチワレは東京都在住です。

まず1つ目は「国民年金」です。

これが目的のためにエポスゴールドカードを使っていることもあり、マストです。

2つ目が「東京ガス」。

ハチワレは電気とガスをまとめて東京ガスで契約しているので、電気代とガス代をまとめて東京ガスに支払います。

ハチワレ

毎月そこそこの額の支払いがあります。

3つ目が「東京都水道料金」です。

もしスマホ代やネット代の支払い先が「選べるポイントアップショップ」にあれば優先するのですが、あいにく対象にはなっておらず。

よって消去法的に水道代の支払い先である「東京都水道料金」を選びました。

ハチワレ

3つ目は、もっと良い対象ショップが増えたら変更する予定です。

場合によっては家賃の支払いを「選べるポイントアップ」に指定することもできるので、その場合はラッキーですね。

エポスカードの特徴をつかんで効果的に利用しよう!

クレジットカードを顔の前に掲げ、ポーズをとる女性

以上、エポスカードのメリット・デメリット、おすすめな人、筆者の使い方でした。

エポスカードは通常のポイント還元率は控えめに見えますが、実はゴールドカード以上になるとその力を発揮します。

エポスカードを一定額利用することで、年会費が永年無料となるインビテーションが届くので、機会を逃さずカードランクのアップを狙いましょう!

\ 新規作成で2,000ポイント! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次